概要

肌

■美容液とは
美容液とは、基礎化粧品の種類の中の1つとなり、保湿や美白を中心とした有効成分が濃縮配合されているスキンケア用品となっています。
美容液を使用してスキンケアを行うと、お肌の保湿や美白効果が見られるようになり、また、リフトアップやアンチエイジングなどの効果も見られるようになります。
美容液は、他の基礎化粧品に比べて高級なものとなっており、お値段も一般的な化粧品よりは高価なものとなっています。
他の基礎化粧品は、保湿を油分で補っていますが、美容液の場合は、油分を中心としない保湿成分が多く含まれているものとなっています。
油分を中心としない保湿成分が多く含まれていることから、顔に塗った時にベタつかず、しっとりとした感覚で肌のコンディションを良くしていきます。

美容液には、ビタミンCの成分が豊富に含まれているものとなっています。
ビタミンCは、老化の原因となる大量の活性酸素を抑える効果があります。

数年前までの化粧品のルールとしては、ビタミンCの上限が3%と限られたものとなっていました。
しかし、ビタミンCの配合が3%未満だと、肌の奥にまで成分が届かないようになっており、美肌の効果も薄いものとなっています。
肌の奥にまでしっかりとビタミンCの成分を行き届かすには、6%~8%の配合が必要となります。
美容液では、このビタミンCの成分が豊富に濃縮されており、肌の奥にまで成分が行き届くようになっています。